キャッシングの極意

消費者金融の審査基準

審査に通るコツ、お金を借りる

仕事に就く 消費者金融で融資を受けるには、仕事に就いて一定の収入がないと100%審査に通ることはありません。審査の際には必ず申込書に記載した勤務先へ在籍確認を取るからです。勤続年数が長ければ長いほど信用も深くなって、貸付限度額も高く設定されます。逆に勤続年数が一年未満ですと、たとえ審査に通ったとしても限度額は低く設定されるでしょう。もしも仕事に就いていない方は、派遣社員の登録をしておくと在籍確認が取れて審査に受かる可能性があります。
line
借金の額 審査の際に消費者金融会社は必ず申込者の経歴を調査します。信用情報登録センターにアクセスすると、過去の借金の履歴から現在の額に至るまで詳細に閲覧されてしまいます。もしも、嘘の申告や、過去に債務整理などをしていれば、ブラックリツトに掲載されていますので、審査に通ることは不可能です。また、一昨年に施行された総量規制の影響で、年収の三分の一以上の借り入れは出来なくなりました。
line
条件に合った金融会社 当サイトは借入件数毎に該当する消費者金融を分類しておりますので、借入の際は参考にして下さい。あまりたくさんの借入申請をすると、信用情報センターに逐次登録されていきますので、信用度が落ちることになります。借入の申込みは慎重に、100%借りれると踏んだところに申し込むようすべきです。もしもどうしても審査が不安だと思う方は、キャッシングの匿名審査もありますので、利用されると良いでしょう。
line
消費者金融は、大きく分けて大手の銀行系と中小の金融会社、貸金業登録をしていないヤミ金融に分類されます。銀行系の消費者金融は金利が安く借りやすいのですが、その代わり審査基準も厳しく設定されており、借入件数が多い多重債務者などは審査で落とされてしまいます。中小の金融会社などは銀行系と比較するといくぶん審査基準も低く、お金を借りれる可能性は高くなりますが、大手と比較すると金利が高くなります。また、ブラックリストに掲載されている方や、借入件数が7件以上の多重債務者などでは、どこの消費者金融を申し込んでみても確実に審査で落とされてしまいます。そういった方は、ブラックを専門に扱うヤミ金融で申し込んでみると融資を受けられる可能性があります。ただし、お金を借りる前に金利がどの程度になるのか把握しておくことが大切です。今でもトイチといった高利貸しがいますので注意が必要です。いずれにせよ、お金を借りたら計画的に毎月返済していくことが大切で、少しでも元金を減らしていくことが借金を減らすコツといえるでしょう。

クレジットカードで審査が甘い信販会社